経営コーチと経営コンサルタントの違い

混同されることが多い経営コーチと経営コンサルタントは何が違うのか。その答えは課題に対する答えを誰が持っているか?という点です。

経営コンサルタントは答えを提供する

経営コンサルタントは経営者の課題を解決する役割を担います。そのため課題の答えは経営コンサルタントが持つことになります。

経営コーチは経営者自身から答えを引き出す

経営コーチは経営者自身の課題に対する答えを経営者自身から引き出します。そのため課題の答えは経営者が持つことになります。

現在は過去の成功例が通用しなくなっている

何年か前であれば、キー・ファクター・フォー・サクセス、という、この業界でこういうタイプの企業は、このポイントを押さえれば、うまくいくんだということをコンサルタントの方は教えていました。
しかし今の時代は全く逆で過去に成功した企業のことをまねして学んでみてもうまくいかなくなってきました。
経営者はどうしたらいいか分からない問題がたくさんあり、そこでコーチングが問いかけるのは、その答えは経営者自身の中にあるのではないかということです。

そのような意味でも、やはり経営コーチの存在はますます重要になってきています。欧米では経営者がスポーツ選手のようにきちんとコーチをつけていないと不安がられます。コーチを付けずに成功できるのか?ということですが、これは自然な発想であり、日本でももっと重要視される必要があるのではないのでしょうか。

アバター

SALPIS

経営者と経営コーチ・心理士のマッチングサービスを提供しています。経営者の資金調達動画メディア「1MVP」、公認心理士受験生向け「公認心理士試験対策」を提供しています。

あわせて読みたい

コメントを残す